生活習慣病対策やダイエットにも効果|話題のEPAサプリメントの紹介

EPAとは青魚に多く含まれる栄養素です。EPAサプリメントは生活習慣病予防やダイエットの効果があるとして非常に人気があります。EPAの効果を最大限に引出すために、EPAサプリメントの選び方や副作用についても知っておきましょう。
MENU

EPAとは!EPAの効果とサプリメントについて

EPA,効果,サプリメント

EPAサプリメントは、人気のサプリメントです。

 

脂肪酸の一種であるEPAは、エイコサペンタエン酸ともいいます。
EPAは体に有用な色々な作用を持っているため、サプリメントとしても重宝されています。

 

EPAを摂取することで、人の体はどのような影響があるでしょう。

 

動脈硬化予防

血小板の凝集を抑える働きがEPAにはあるため、動脈硬化の予防になります。
EPAは、動脈硬化の可能性が示唆されているという人には効果的な栄養素です。
心筋梗塞など、命に関わる症状が起きる要因となる、冠状動脈の状態を改善する作用があるとされています。

 

抗炎症作用

EPAが配合されたサプリメントには、炎症やアレルギーを改善したり、軽減する効果が期待できるとされています。
炎症や、アレルギーを引き起こす成分の働きを弱め、成人病になりにくい体質にします。

 

中性脂肪を減らす作用

EPAのメリットは、ドロドロ血液の解消にあります。
中性脂肪を減らす作用が、EPAにはあるといいます。
血液中の中性脂肪の値を高いままにしておくと、

  • 高血圧
  • 血栓症
  • 高脂血症

などのリスクが上昇します。

 

ダイエット効果

ダイエットに効果があるというGLP-1ホルモンの機能が、EPAサプリメントによって促進されることも判明しています。
たくさんの人がEPAのサプリメントを利用する背景には、生活習慣病の予防だけでなく、ダイエットにもいいことがあるようです。
積極的にEPAサプリメントを摂取して日々健康に役立てましょう。


EPAサプリメントの賢い選び方とは

EPAは、体によい効果があるとして注目度の高い栄養素です。
そのため、多くの企業がEPAのサプリメントをつくっています。
販売されているEPAサプリメントはいくつもありますが、どの種類を選択するといいでしょうか。

 

DHAも同時に摂取できること

EPAだけでなく、DHAも摂取できるサプリメントが、望ましいといいます。
EPAとDHAは、機能面ではとても近いものですが、同時に補給することで、互いに互いの良さを引き出すことができます。
もともと、EPAを補給するために魚を食べると、魚に含まれているDHAも同時に摂取することになります。

 

酸化しにくいものであること

EPAとDHAはとても酸化しやすい成分で、時間が経つと効力が落ちてしまいます。
EPAと、DHAが酸化すると、本来の効果が期待できないばかりでなく、健康によくない作用がもたらされることがあります。
そのため、酸化防止対策をしているサプリメントの商品を、選ぶことが大切です。

 

サプリメントが酸化しないものを探すには、抗酸化作用があるビタミンEが入っているものを選ぶという方法もあります。
抗酸化効果があるビタミンCやBと一緒に摂取することでも、EPAの酸化しやすさをリカバリーできます。

 

その他

重金属が入っていない、鮮度のいい魚が原材料であることも大事です。

 

EPAサプリメントを賢く購入するために注意すること

EPA,効果,サプリメント

EPAの含まれたサプリメントを購入する時には、あらかじめ確認しておきたいことが色々とあります。サプリメントを見極める時には、パッケージの成分表示などを確認してみてください。

 

サプリメントは、製造にかかるコストが、化粧品類よりも高額になりがちです。
盛んにCMや広告を打ち出しているサプリメントがありますが、宣伝費にかかる費用が高く、商品自体のコストは驚くほど安価なこともあります。

 

賢く選んで質の良いEPAサプリメントを、購入するようにしましょう。

EPAサプリメントの副作用|効果を最大限に引き出すための摂取方法

EPA,効果,サプリメント

EPAサプリメントを用いることで、身体的なトラブルが起きることはあるでしょうか。

 

EPAは、背の青い魚に多く含まれている栄養素で、

  • サバ
  • サンマ
  • カツオ
  • マグロ

などに特に豊富なものです。
例えば、サンマやカツオを食べ過ぎても、副作用が起きたりはしません。

 

魚離れが進んでいる現在の食事を考えると、EPAのサプリメントを摂取することは問題はないでしょう。
本来は魚から補給したい栄養素を、サプリメントで気軽に確保することが可能になります。

 

EPAサプリメント過剰摂取に注意する

EPAの一日の必要摂取量は、1g~2gです。
一日に、3g以上のEPAを体内に取り入れると過剰状態になります。

 

そのため、魚とサプリメントを併用するという日は、用心することです。
食事によく魚を用いているという人は、EPAサプリメントの飲む量は、それほど多くなくてもいいかもしれません。

 

魚に含まれるEPAは、煮物、焼き物、揚げ物にした時は減少することがあるといいます。
サプリメントをどのくらい飲むかは、食事との兼ね合いで決めましょう。

 

血流促進剤との併用は避ける

EPAは血液を固まりにくくする効果があるので、出血したときになかなか血が止まらなくなることもあります。
EPAのサプリメントを、血流を促進する薬と併用する場合は、副作用が起きないように量を減らすといいでしょう。

 

EPAサプリメント飲んでいる人が、ワーファリンを服薬していると、ワーファリンの効果が出すぎる場合があります。
他にも薬を飲んでいるという人はEPAサプリメントとの飲み合わせについて、事前に主治医に確認しましょう。


【生活習慣病対策やダイエットにも効果|話題のEPAサプリメントの紹介】関連情報

このページの先頭へ